FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京駅は工事ばかりで


 息子の家が八重洲側なので 東京駅に行くときは八重洲口からいくのですが

 東京駅は広い 広すぎて 丸の内線に行くまでに 息切れをしています

 体力が無いからなんですけどね~

 東京駅のことを何にも知らなかった私は 八重洲側と丸の内側で成り立っているのを知りませんでした

 お恥ずかしい

 初めて 東京駅に行ったときは もう 探検気分でしたが 広すぎて迷ってしまいました

 丸の内線までの道のりを 前もって調べて お友達と初めて会うために 丸の内線に乗ったことも
 懐かしいです

 そのときは 東京駅の丸の内側は工事中で 分りやすかったかも?

 所が 2年後 余裕で東京駅に行ったら 丸の内側の工事が終わっていて 広すぎて 腰が抜けるほどびっくり

 混乱した私は また迷子になって 友達に会う時間に遅れたんです

 外に出て 丸の内側の地下街に入って タモさんが通った階段を降りて また駅に戻ったんだよね

 いろいろ 思いだして 懐かしかったです

 八重洲地下街 お土産を買いに行ったな~ 

 事件のあったトイレにも あったのは ロッカーだけど

 最初に思ったことは トイレが少ない 捜した~ 

 八重洲は庶民の街 丸の内は大名屋敷だったということで 今でも佇まいは ぜんぜん違いますね

 何にも 知らない私でも その違和感は感じていて 丸の内側の豪華な駅舎にびっくりしたものです

 写真も沢山撮りました

 また 東京駅を探検したいんですが 一日がかりでも 東京駅を全部見て回ることは出来ないだろうけど

 なんて 考えてます

 行けるかな~ 足の弱らぬ内に もう一回行きたいんだけど

 東京駅のブラタモリ 楽しかったです~

 まだまだ ブラタモリ東京編を楽しみにしています

 昔のブラタモリ 再放送は無いのかな~ 東京が好きなみかん 昔のブラタモリを見たいです
スポンサーサイト
Category: ブラタモリ

ブラタモリ函館

 

 函館編なのに青森から レールをたどる旅でした

 ブラタモリらしく レールの音の違いを知ってもらうために 車内を移動

 青函トンネルの中のレールは 一本になってるのね それは地下だからなんだろうか?

 気温の差がないからなんだろうね

 新幹線は雪との戦いと思ってたので 北海道だからこそのレールの違いに感心し安心しました

 青函連絡船と青函トンネルの関係を 改めて見ながら なんか悲しかったです

 何かが進化すれば消えていく物もあるのが現実なんですね

 改めて そんなことを考えさせられ あの最後の航海をニュースで見たことを思い出しました

 レールから始まる所がブラタモリらしくて 面白かったけど これってスタッフさんの努力で出来あがってるんですね

 でも 私が一番感激したのは 青函連絡船の操縦室の真空官 あれは大きすぎますが

 昔のテレビの中には 小さな真空官が沢山あったのを思い出しました(笑)

 タモさんの盛り上がる姿に ニヤニヤの私

 ブラタモリの再開にバンザイですね

 再開して 剛くんのナレーションも すごくいいです

 剛くんとタモリさんとのつながりを感じながら 楽しくなりながらも

 真面目なナレーションも聞けて すごく楽しかったです

 本州から北海道までのレールの歴史を楽しみながらも 青函連絡船と青函トンネルを思いながら

 来週の函館の夜景を楽しみにしています

 じつは 東京のブラタモリを楽しみにしていたんですが もう無いんだなと残念に思ってましたが

 東京大好きなので でも 地方の歴史を教えてもらって タモリさんの知識を堪能して

 いいともが終わって残念でしたが やっぱり良かったんですね(函館まで来てくれたし)

 いいともを 思いだした剛くんのナレーションで そんなことを思いました

 次は 函館の夜景\(^o^)/

 

 
Category: ブラタモリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。